とむとむダイアリー

オタクの何気ない日常エッセイ。

タグ:とむとむダイアリー

仕事終わりにビルを出ると、外の気温の低さに驚いた。今日の自分の装備は長袖Yシャツに長ズボン。薄着と思われるかもしれないが、沖縄は最近までまだ暖かかった。さらに、外ではそこそこ風が吹いている。沖縄の冬はこれが厄介で、気温はそこまで低くなくても、冷たい風が一瞬で体温を奪うのだ。

「飲み物でも買って帰ろう」今日は一日中ペットボトルコーヒーしか飲んでいない。自分は寒さに体を強張らせつつコンビニへと向かった。こういう寒い日はコンビニの中がオアシスに感じる。外よりも暖かく、温かい商品も沢山置いている。何を買おうかと迷いながら店内を巡っていると…

気づいたらアイスコーヒーを買って外に立っていた。
なんでやねん。一日中コーヒーしか飲んでないんだから、普通コーヒー以外を買えばいいのに。いや、百歩譲ってコーヒーなのは良しとして、なぜアイスを買っているのだ。数分前の自分に文句が言いたくなる。

こんな凍えそうな中でアイスコーヒーを飲むのはもはや自傷行為だと思う。しかし、慣れというのは怖いもので、気づいたら「う~ん…アイスコーヒーでいっか!」といつもと同じ飲み物を買っていたのだ。

飲み終える頃にはすっかり体は冷え切っており、寒さに耐えきれなくなった自分は駅に向かって走り出していた。走って体を温めるのだ。意外にもこれが効果があり、駅に着く頃には体は温まっていて少し汗ばむ程度だった。

しかし、12月に入ったばかりでこの寒さ、自分はこの冬を乗り越えることができるのだろうか。

このシリーズを始めから読む→「オタクがパチンコに行ったお話 Part①」

前回の話を読む→「オタクがパチンコに行ったお話 Part④」  


ギャンブルっていうのは質が悪いもので、1度勝ちを味わってしまうと「もっと…!もっと!」と欲とお金を張ってしまう。

初の勝利を噛みしめながら缶コーヒーを啜っていると、自分の中の悪魔が囁いてきた。

「2万円もあるんだからもう少し打てるんじゃないか…?4パチで勝ったら今の倍の額だって夢じゃないぜ…?」

必死に悪魔の囁きを振り払う。それはダメだ、このように欲を出した戦い方は絶対に良くない結果を生む。これ以上この場所にいるのは危険だ…一刻も早くこの場を去らなくては…

気づいたら、自分は再びパチンコ台の前に座っていた。いつの間にここに座っていたのだろう、これがポルナレフ状態なのだろうか。

さらに、いつの間にか台に1万円吸わせている。まだこの時点であれば引き返せるのだが、自分は「玉貸」のボタンを押していた。4パチ1万円勝負である。

初のパチンコでは3000円だったが、今回は1万円もある。これだけあればそこそこな勝負は出来るだろう。気合を入れてハンドルを回すと、すぐにリーチが来た。ハズレはしたものの、運の流れは確実に自分に向いている。

ワンチャン勝てるんじゃないかと淡い期待を抱きつつ回し続けていたが、徐々にヒキが悪くなり、リーチすら起きなくなった。

慣れもあるのか、演出が弱いと退屈なもので、自分は台を見ずTwitterを巡回しながら作業的に打っていた。玉が切れ、再び「玉貸」のボタンを押すと「40(4000円)」と電光文字が浮かんでいた。そう、この数分で6000円も消滅してしまったのだ。

1円パチンコで勘違いしてしまったが、これは4円パチンコ。1000円が消えるのなんて3分もかからない。

「ここまで来たら最後まで打ち切るか…」

そう思った直後、自分自身の思考に恐怖した。普段の自分なら4000円をこんな使い方しない。たぶん、勝ちを知る前だったらすぐに撤退していただろう。だが、1度勝ってしまったせいで、金銭感覚が一瞬で狂ってしまったのだ。

「まだだ…まだ終わらんよ…」

と心の中で呟くものの、その後は熱い展開どころかヘソに玉が入る回数も減り、結果は大惨敗だった。このまま座っていたら残り1万すらツッコミかねない。自分は早足でパチンコ店を退店した。

幸い、残り1万円は使わずに済んだが

投資:5千円
回収:2万円(1万5千円)
追加投資:1万円
最終結果:5千円勝ち


という、微妙な結果となってしまった。確実に、欲を張らなければ気持ちよく凱旋を飾ることが出来た。

あの時引き返していれば…と胸をかきむしりたくなるような悔しさ、背中が焼かれるような後悔が湧いてくる。自分はこの1日でギャンブルの天国と地獄の両方を味わったのだ。正直、初日で負けた時とは比べ物にならないぐらい悔しい。

最終的に回転寿司には行ったものの、後悔からあまり味を感じなかった。


こうして、ついに自分のパチンコデビュー戦は幕を閉じた。大当たりを引いたからもう行くことはないだろう…

嘘である!!!

この男、あれから既に2回パチンコに行っており、2回とも普通に負けている。つまり、勝った額はすべて消滅してしまったのだ。

たった数度の経験で脳を破壊するギャンブル、なんとも恐ろしいものである…皆もパチンコ行く時は気をつけて…

このシリーズを始めから読む→「オタクがパチンコに行って来たお話 Part①」
前回の話を読む→「オタクがパチンコに行って来たお話 Part③」

玉抜き方法が分からず困っている時、ふと台の上を見上げると「呼出」と書かれているボタンが見えた。もしかしたら、これを押すと店員さんが来てくれるかもしれない。初心者感丸出しで恥ずかしいが、今は一時の恥より目先の勝利だ。呼出ボタンを押すと、1分も経たず店員さんが駆けつけてくれた。

店内がうるさく会話が難しかったが「球を抜いてください」というテロップを指さすと、店員さんは何かを察したかのように台を操作し始めた。よく見てみると、上皿の近くに「球抜き」と書かれているボタンがあったのだ。

それと同時に、上皿に溜まっていた玉が一斉に下に流れ始める。ジャーーーーーと一気に流れて行く様子はもはや爽快感すら感じる。

YO!YO!YO!

一方、台では藤原千花がYO!YO!YO!と荒れ狂っていた。
アタッカーが開き、球を入れていくと倍になって流れてくる。最初は300程度だったのに1000発、2000発、4000発と玉がみるみる増えて行く。どういう理屈で継続になっているか分からないが、気づいたら10連チャンしており、玉は1万発を超えていた。

これがパチンコの醍醐味…!と何とも言えない快感を味わっている中、自分はある問題を抱えていた。

めちゃくちゃトイレ行きてぇ…!!

気合を入れるためにエナドリを飲んだのがまずかったのか、めちゃくちゃトイレに行きたかった。ちなみに、決壊度数で言えば80%は超えていたと思う。一刻も早くトイレへ行きたいが、終わる気配が全然ない。

自分の中では「早く終わってくれ…!」という気持ちと「まだ続いてくれ…!」という矛盾した気持ちがせめぎ合っていた。
結局その後もラッシュは続き、20連もの大連チャン、2万発を叩きだしてしまった。ちなみに、トイレは何とか間に合った。おそらく、あと10分続いていたら危なかったと思う。


さて、ようやく初勝利を果たした自分は、店員さんからの景品を手に外へ出た。気分は戦果を挙げた武将の気分である。敷地を2~3周グルグル回っていると、何やら怪しげなカウンターを見つけた。

パチンコは三点方式だから問題ないと言われているが、ここまであからさまに置かれていると本当に大丈夫か心配になる。
受け取り口に景品を置くと、スッと2万円が差し出された。なんだか危ない闇取引をしたような気分になる。

近くのコンビニで缶コーヒーを買い一息つく。わずか1時間で2万円、言い方はアレだが、労働の必要性を疑問視したくなる。帰りに回転寿司でも行こうかとホクホクしていると、自分の中の悪魔が囁いた。

「もっと…もっと欲しくないか…?」

オタクがパチンコへ行ったお話 Part⑤(最終回)へ続く…

「え!?台風なのに出勤するんですか!?」
職場からの突然の電話に自分は驚いたが、一応社会人なのでこの言葉をぐっと飲み込んだ。この時、沖縄には台風が迫っており、直撃する日が自分の出勤日と被っていたのだ。

「その次の日も出勤だから、近くのホテルに泊まれるけどどうする?」
自分は上司の提案を承諾した、というより、その選択肢しかなかった。自分が帰る時刻は台風がちょうど到来し始める頃。その頃にはきっとモノレールも止まっているだろう。タクシーで帰るという選択肢もあるが、市を跨いでいるので後日清算してくれたとしても金額がえげつないことになる。だとすればホテルに泊まるのが1番ベストだろう。

などと言いつつも、内心では「ホテルに泊まれる」という非日常なイベントに密かに胸を高鳴らせており、仕事を終えた後にはコンビニでつまみやお酒を買い込んでプチ酒盛りをしようなんて思いながら、仕事へ向かった。

その日の午前中はいわゆる”嵐の前の静けさ”というやつで、いい天気だったのだが夕方になると徐々に風が強くなり始めた。それと同時に、座っている自分の視界がまるで頭を左右に振っているかのように揺れ始める。
「今揺れませんでしたか?」
「やっぱり揺れましたよね!風でビルって揺れるんですね~」
「タワマン住んでる人は台風の時めっちゃしんどいらしいですよ」
どうやらこの現象は眩暈ではなくビルの揺れらしい。そして、時間が経つにつれてこの揺れはさらに悪化していった。

それでも時間は経つもので、なんとか終業時刻になり自分は足早にコンビニへと向かった。ようやくお楽しみタイムがやってきたのだ。しかし、自分の希望はあっさりと打ち砕かれる。なんとコンビニが台風のせいで閉まっていたのだ。当然と言えば当然なのだが、それでも落胆してしまう。

仕方ないと思いつつホテルへ向かおうとしたその時、外は信じられないほどの暴風が吹き荒れていた。ビルから出たばかりの自分としてはまるで異世界に放り込まれたかのようで、一瞬パニックになる。
ちなみに、ビルからホテルまでの距離は数十メートル。時間にしたら1分未満で着くだろう。それでも外に出ることに恐怖を感じざるを得なかった。

しかし、いつまでもビルにはいられない。自分は呼吸を整え一気にホテルへ向かおうと決意し再びビルを出ると、ちょうどその時ビルの壁に手を当てながらゆっくりと移動する同僚を見かけた。

「大丈夫ですかー!!」
「なんとか!気を抜いたら飛ばされそうになりますねー!」

風の音が大きいので会話すら一苦労だ。
「一緒に行きますか?」とジェスチャーで伝えるが、同僚は「先にどうぞ」と首を横に振った。こういう時は自分自身のタイミングで行きたいという気持ちはなんとなく分かる気がする。

その後、ホテルへ向かおうと小走りを始めた時、背後から猛烈な突風が吹き、自分の体は意思に反してなぜか全力疾走を始めた。風の力も加わり、50m走以上のスピードが出ていたと思う。

スピードがピークに達した時、自分の目の前にはホテルのガラス面が待ち構えていた。だが、風が体を押しているため踏みとどまることができない。このままだとノーブレーキで正面からガラス面に激突する。激突するだけならいいが、この勢いなので衝突の際にガラスを割れてしまうかもしれない。
そうなれば大怪我、いや死ぬ可能性だって考えられる。「死」を予感するも体はいうことを聞かずに減速すらできない。

距離があと1~2mになった時、バランスを崩したのか無意識の防衛反応が働いたのか、自分は転ぶことでガラス面への衝突を回避できた。横向きに転んだので、幸い腕で受け身も取れている。起き上がり周囲を見渡すと、自分の無様な一部始終を目撃した人は誰もいなかったようで少しほっとする。

「し、死ぬかと思った…とりあえずホテル入ろう」
ホテルでチェックインを済ませ部屋に入ると、疲労と安堵が押し寄せてきたと同時に、アドレナリンが切れたのか、受け身をとった時の腕と脚が痛みを訴えてきた。
運が良かったのか傷は手のひらの小さない擦り傷のみだったが、手首の辺りがズキズキと痛み、力を入れることができない。

風呂に入りながら先ほどの出来事を振り返ってみたが「台風で転倒」の原因がなんとなくわかった気がする。もし強風で足を取られ走り出してしまった場合、止まる方法はぶつかるか転ぶしかないのだ。もしかしたら、今までの負傷者の中には自分と同じケースもあるのかもしれない。

それでも、大きな怪我もなくホテルへ辿り着けたことは運が良かったと言うほかないだろう。ちなみに、この記事を投稿する本日も手首の痛みは続いている。

ラーメンが1番美味しく感じるタイミングは人それぞれだと思う。
昼飯で食べるラーメンはもちろん美味しいし、初めて行くラーメン屋の美味しさに衝撃を受けることもある。深夜に食べるカップラーメンなんて、それこそ背徳感から美味しさが倍増する。

そんな中、自分の中でラーメンが1番美味しく感じるタイミングがあることに気づいた。それは”カラオケ終わりのラーメン”だ。
どこの情報か覚えていないが、「カラオケに行く前にラーメンを食べると声が出やすい」と聞いた、もしくは読んだことがある。

しかし、自分の場合は満腹感があると声が出にくいタイプなので、カラオケに行く時はあえて空腹な状態で行く。なので、開始2~3時間経ってくると、だんだんと空腹感が強くなるのだ。カラオケのフードメニューを頼むこともできるが、なんだか負けた気がするのであえて頼まないようにしている。

そして、空腹がピークなタイミングでカラオケを出てすぐ近くの天下一品に流れ込むのだ。昔は天下一品のこってり感に胃もたれしていたが、なぜかカラオケ終わりだとこのこってり感が心と身体に染み渡るのだ。

これだけでも十分美味しいのだが、最近さらにラーメンが美味しくなるタイミングがあった。
”友人とカラオケ終わりに食べるラーメン”だ。

自分含め友人達は皆社会人なので、学生時代と違い友人とカラオケに行くタイミングは夜が多くなった。カラオケを一通り楽しんだ後、二次会と称して深夜4時まで営業しているラーメン屋へ向かうのだ。

そのラーメン屋は味自体は普通なのだが。「深夜」「カラオケ後」「友人」の3つの要素が加わり、とんでもない美味しさを出している。カラオケの感想や互いの近況報告を話しながら食べるラーメンがとても美味しく感じるのだ。

友人とのカラオケイベントは不定期なのだが、月に1回ぐらいは集まるので、この集まりが自分の秘かな楽しみだったりする。

このページのトップヘ