とむとむダイアリー

オタクの何気ない日常エッセイ。

カテゴリ: 日常

前回はコチラ→「オタクがパチンコに行ったお話 Part①」

た、玉が、玉が入らねぇ…!!
正しく玉を打てるようになったが、一向に玉がヘソに入らない。パチンコって大体こんなものなのだろうか。

そう思っていると、ようやく1玉がヘソに入った。かぐや様や会長、千花ちゃんの図柄が現れるだけで何も変化がない。

それから何度か玉がヘソに入ったが、キャラの会話があるだけで一向に数字が揃う気配がない。

内心「暇だな〜」と思いつつ玉を打ち続けていると、あっという間に1000円が消滅してしまった。

「これで終わり!?」と思ったが、投資千円ごときで当たるほどパチンコは甘くないのだろう。

「とりあえずもう千円…」と追加で野口英世をサンドへ捧げた。

ドーンだYO!

突然、パチンコ台から千花ちゃんの役物が現れた。どうやら「継続」が起きたらしい。今まで見たことのない台の挙動に胸が高鳴る。

すると、ついに図柄が揃いリーチになった。
「これはもしや行けるのでは?」とドキドキしていたが、結果はハズレだった。

その後はリーチにかかることすらなく2000円目も消し飛んだ。

ここで引き返せばよかったのだが、自分もやはり熱くなりやすいタイプ、気づいた時には躊躇わずに3千円目を投入していた。

「ここで当たらなかったら辞めよう」
そう思いながら回していると、またもやリーチが訪れた。

「はいはい、どうせ当たらないんでしょ」
と半ば諦観していると、突然見たことのない演出が始まった。

石上君がかぐや様から逃げている映像だ。8のリーチなので、1〜6までの数を押しのけて進む石上君。きっとここで8が出せれば大当たり確定なのだろう。

「石上!!頑張れ!!逃げ切れ!!!」
内心、体育祭編以上に石上君を応援していた。しかし、石上君が逃げ切れることはなかった。

それと同時に3000円目も消し炭となってしまった。

時計を見てみると、まだ30分も経っていない。たかが数十分で3000円が消えてしまった。流石にこれ以上は不味いと思い、自分は足早にパチンコ店から脱出した。

空は綺麗な青空だったが、3000円失った自分としては空を綺麗と感じる余裕すらない。結局その日はトボトボと帰路につき、帰り道で食べたラーメンを3000円のラーメンだと思うことで帳尻を合わせた。

しかし、ラーメンを食べながら自分はあることを決意した。

負けたままでは…終われない!!!(フラグ)

オタクがパチンコへ行ったお話 Part③へ続く…

そうだ、パチンコを打ってみよう!(唐突)

最近、自分の好きなアニメ『かぐや様は告らせたい』がパチンコ化したらしく、前々から気になっていたパチンコに行ってみることにした。

実は、自分の家系はパチンカスが多い。
自分自身もUFOキャッチャーで熱くなって数千円溶かすことがあるので、正直不安でしかない。

だが、こういうのは歳を重ねて中年になってハマった方がタチが悪い。どうせハマるなら若い内がいいだろうと自分を正当化しパチンコ店へと向かった。

いざパチンコ店の前に立つと、変な緊張が込み上げてくる。ここから先に進むと取り返しがつかないような気がするのだ。

ドアの前に立っては退いてを繰り返していると、喫煙所で煙草を吸っているおっちゃんが訝しそうに見つめている。

結局それから数十分思い悩んだ挙句、自分はパチンコ店へ足を踏み入れた。

店に入った瞬間、懐かしい香りが充満している。
そう、これは朝から外出して夜遅くに帰ってきた時の親の香りだ。

ちなみに、その外出がパチンコだと知ったのは中学生ぐらいになってからである。

入ってみて驚いたのが意外に店内が明るく清潔感があることだ。自分の中では薄暗いアンダーグラウンド感のある場所だと思っていた。

それに、そこまで音もうるさくなさそう…とノイキャンイヤホンを外してみた。

うるっっっっっっっさ!!!!!!

急いでノイキャンイヤホンを耳に戻した。
どうやらそこまでうるさくないと感じたのはノイキャン機能のお陰のようだ。

さて、自分の今日の目的はかぐや様のパチンコである。2〜3分店内を歩いていると、目的の台を発見することができた。

DSC_2281

Pフィーバーかぐや様は告らせたい

目がチカチカするほどの照明、やけにうるさい効果音、無数に配置された釘、これぞパチンコである。

いざ席に座り、千円札を手に取る。あとはこれを左上のサンド(?)に入れるだけなのだが、お札を入れる手が震えた。

「今ならまだ戻れますよ…」

自分の中の天使が告げている。

「ええい!ままよ!!」

自分は天使のお告げを遮り、野口英世を生贄にした。

すると、無数の銀の玉がジャラジャラと流れてきた。これが野口英世の命の輝き…

とりあえず、ハンドルを回すことは知っていたので、ハンドルを軽く捻ってみた。玉は発射されているが、右端まで飛んでいってしまい、また戻ってくる。おかしいなと思っていると

「左打ちに戻してください!!!!」

突然の爆音が流れた。不意打ちに驚いた上に、近くの席の人が自分を一瞥した。きっと「コイツ初心者だな?」と思われているに違いない。初心者丸出しである。

きっと、自分の打ち方がダメだったのだろう。自分はさらに弱くハンドルを右へ回した。

すると、玉がヘソ目掛けて転がっていく。ついに自分のパチンコデビューが始まったのだ!

オタクがパチンコへ行った話 Part②へ続く…

毎週月曜日、社会人や学生の皆様は会社や学校が始まる憂鬱な一日だろう。
一方、自分はシフト上、毎週月曜日は休みになっている。月曜が休みという優越感と、普通の社会人や学生とは休みが違うという疎外感の両方を感じているが、休みのはずなのにこの月曜日はやることが多い。

なぜか自分は、この月曜日にやりたいことややるべきことを詰め込んでいる。
今日は朝10時頃に起きると、目覚めのコーヒーを飲み部屋の窓を全開にした。まだ温まり切っていない身体に冬の寒い風が沁みる。

一瞬、二度寝しようかとも思ったが今から自分は部屋を掃除しなくてはならない。
自分は毎週月曜日は部屋の掃除をすることになっているのだ。特に決めている訳ではないのだが、いつの間にか習慣になってしまっている。

それと同時並行で洗濯も進める。明日からまた仕事なので、仕事に着ていく服を用意しなくてはならない。

掃除しながら思うのだが、週1で掃除しているはずなのになぜこうもすぐ散らかるのだろうか。もしかしたら普通の方は週2~3回、いや、毎日掃除しているのではないだろうか。だとしたら尊敬ものだ。

そして、掃除を終えた後にトレーニングを始める。これもいつの間にか習慣になってしまっている。
トレーニングを終え、シャワーを浴び終わった後には時計は14時になっていた。

服を着替え一息ついた後、自分は家を出た。
その日は病院に行く予定と、髪が伸びたので散髪に行こうと思っていたのだ。思い出してみると、この病院や散髪の予定もよく月曜日に入れている気がする。

予定を終えて帰った時にはすっかり夜になっていた。
確かに朝ゆっくり起きれたが、それ以外は一日中動いていたような気がする。

他の休みもあるのだから、そちらに分散させればいいのだろうが、自分は短期集中型なので、やるべきことは一日で済ませてしまいたいのだ。

その反動からか、他の休みの日はひたすらにだらけまくっている。

このページのトップヘ