とむとむダイアリー

オタクの何気ない日常エッセイ。

カテゴリ: 日常

※当記事には汚い表現が含まれております!苦手な方はブラウザバック推奨※

12月3日に開催されたNAHAマラソン。自分も出走予定で、この日に向けてランニングや筋トレ等のトレーニングに励んでいた。目指すは完走だが、今までハーフマラソンにすら出たことない自分にとって「半分走れれば十分」だと思っていた。

NAHAマラソン前日、自分は仕事を早めに上がらせてもらい、出走受付へと向かった。だが、実はこの前から少し自分の体調に違和感を感じていたのだ。

自分は厄介なジンクスを持っている。それは「大事な予定の前に体調を崩す」というものだ。
それは、予定の1週間前に起きる時もあるし、前日に起きる時もある。自分は今まで何度かこのジンクスに振り回されてきた。

「なんか…胃がムカムカするな」

腹痛は感じないが、胃の辺りがグルグルしてうっすらと吐き気がある。この日は缶コーヒーとコンビニのウインナーパンしか食べていないので、お腹を壊すようなものを食べた覚えはない。たぶん緊張から来る一時的なものだろう、と楽観視しながら出走受付を済ませ帰路についた。

しかし、家に着いた後も胃の違和感は増すばかりで、食欲も湧かずついには悪寒すら感じる。とりあえずシャワーを浴び、目が覚めたらすべてが元通りになっていることを祈り、この日は早めに床に就いた。

しかし、そう都合よく体調が良くなるはずもなく、気づいた時には猛烈な吐き気で目を覚ました。トイレへ向かうと、明らかにその日食べた量以上に吐いた。というか、この日は朝食しか食べていないのに、いくら吐いても終わることがない。それから数分、胃が引き攣り裏返るような痛さと胃酸の不快感に耐えることになった。

一旦吐いたから楽になるかと思いきや、その後も吐き気が収まることはない。脱水を防ぐために水を飲むものの、水を飲んだら吐き気が強くなるという負のスパイラルに陥っていた。

ようやく吐き気が落ち着き再び眠りにつくことができたが、朝になっても回復することは無く結局NAHAマラソンには参加できなかった。とりあえず、一緒に出走予定だった友人に急いで謝罪の連絡を入れた。快く「お前の分も完走してくる!」と言ってくれた友人には感謝しかない。

出走できていれば最後まで走れなくても敗者になることはできただろうが、自分は”出走”というスタートラインにすら立つことができなかったのである。この日は結局、自分の不運さを呪いながら1日中布団の中で過ごしていた。


だが、正直に言うと今年は出走を決意したのが急だったこともあり、全然NAHAマラソンに向けた対策を行えていなかったと思う。体力作りやハーフマラソンへの出走など、対策を十分に重ねた上で、来年再度チャレンジしてみようと思う。

仕事終わりにビルを出ると、外の気温の低さに驚いた。今日の自分の装備は長袖Yシャツに長ズボン。薄着と思われるかもしれないが、沖縄は最近までまだ暖かかった。さらに、外ではそこそこ風が吹いている。沖縄の冬はこれが厄介で、気温はそこまで低くなくても、冷たい風が一瞬で体温を奪うのだ。

「飲み物でも買って帰ろう」今日は一日中ペットボトルコーヒーしか飲んでいない。自分は寒さに体を強張らせつつコンビニへと向かった。こういう寒い日はコンビニの中がオアシスに感じる。外よりも暖かく、温かい商品も沢山置いている。何を買おうかと迷いながら店内を巡っていると…

気づいたらアイスコーヒーを買って外に立っていた。
なんでやねん。一日中コーヒーしか飲んでないんだから、普通コーヒー以外を買えばいいのに。いや、百歩譲ってコーヒーなのは良しとして、なぜアイスを買っているのだ。数分前の自分に文句が言いたくなる。

こんな凍えそうな中でアイスコーヒーを飲むのはもはや自傷行為だと思う。しかし、慣れというのは怖いもので、気づいたら「う~ん…アイスコーヒーでいっか!」といつもと同じ飲み物を買っていたのだ。

飲み終える頃にはすっかり体は冷え切っており、寒さに耐えきれなくなった自分は駅に向かって走り出していた。走って体を温めるのだ。意外にもこれが効果があり、駅に着く頃には体は温まっていて少し汗ばむ程度だった。

しかし、12月に入ったばかりでこの寒さ、自分はこの冬を乗り越えることができるのだろうか。

このシリーズを始めから読む→「オタクがパチンコに行ったお話 Part①」

前回の話を読む→「オタクがパチンコに行ったお話 Part④」  


ギャンブルっていうのは質が悪いもので、1度勝ちを味わってしまうと「もっと…!もっと!」と欲とお金を張ってしまう。

初の勝利を噛みしめながら缶コーヒーを啜っていると、自分の中の悪魔が囁いてきた。

「2万円もあるんだからもう少し打てるんじゃないか…?4パチで勝ったら今の倍の額だって夢じゃないぜ…?」

必死に悪魔の囁きを振り払う。それはダメだ、このように欲を出した戦い方は絶対に良くない結果を生む。これ以上この場所にいるのは危険だ…一刻も早くこの場を去らなくては…

気づいたら、自分は再びパチンコ台の前に座っていた。いつの間にここに座っていたのだろう、これがポルナレフ状態なのだろうか。

さらに、いつの間にか台に1万円吸わせている。まだこの時点であれば引き返せるのだが、自分は「玉貸」のボタンを押していた。4パチ1万円勝負である。

初のパチンコでは3000円だったが、今回は1万円もある。これだけあればそこそこな勝負は出来るだろう。気合を入れてハンドルを回すと、すぐにリーチが来た。ハズレはしたものの、運の流れは確実に自分に向いている。

ワンチャン勝てるんじゃないかと淡い期待を抱きつつ回し続けていたが、徐々にヒキが悪くなり、リーチすら起きなくなった。

慣れもあるのか、演出が弱いと退屈なもので、自分は台を見ずTwitterを巡回しながら作業的に打っていた。玉が切れ、再び「玉貸」のボタンを押すと「40(4000円)」と電光文字が浮かんでいた。そう、この数分で6000円も消滅してしまったのだ。

1円パチンコで勘違いしてしまったが、これは4円パチンコ。1000円が消えるのなんて3分もかからない。

「ここまで来たら最後まで打ち切るか…」

そう思った直後、自分自身の思考に恐怖した。普段の自分なら4000円をこんな使い方しない。たぶん、勝ちを知る前だったらすぐに撤退していただろう。だが、1度勝ってしまったせいで、金銭感覚が一瞬で狂ってしまったのだ。

「まだだ…まだ終わらんよ…」

と心の中で呟くものの、その後は熱い展開どころかヘソに玉が入る回数も減り、結果は大惨敗だった。このまま座っていたら残り1万すらツッコミかねない。自分は早足でパチンコ店を退店した。

幸い、残り1万円は使わずに済んだが

投資:5千円
回収:2万円(1万5千円)
追加投資:1万円
最終結果:5千円勝ち


という、微妙な結果となってしまった。確実に、欲を張らなければ気持ちよく凱旋を飾ることが出来た。

あの時引き返していれば…と胸をかきむしりたくなるような悔しさ、背中が焼かれるような後悔が湧いてくる。自分はこの1日でギャンブルの天国と地獄の両方を味わったのだ。正直、初日で負けた時とは比べ物にならないぐらい悔しい。

最終的に回転寿司には行ったものの、後悔からあまり味を感じなかった。


こうして、ついに自分のパチンコデビュー戦は幕を閉じた。大当たりを引いたからもう行くことはないだろう…

嘘である!!!

この男、あれから既に2回パチンコに行っており、2回とも普通に負けている。つまり、勝った額はすべて消滅してしまったのだ。

たった数度の経験で脳を破壊するギャンブル、なんとも恐ろしいものである…皆もパチンコ行く時は気をつけて…

このシリーズを始めから読む→「オタクがパチンコに行って来たお話 Part①」
前回の話を読む→「オタクがパチンコに行って来たお話 Part③」

玉抜き方法が分からず困っている時、ふと台の上を見上げると「呼出」と書かれているボタンが見えた。もしかしたら、これを押すと店員さんが来てくれるかもしれない。初心者感丸出しで恥ずかしいが、今は一時の恥より目先の勝利だ。呼出ボタンを押すと、1分も経たず店員さんが駆けつけてくれた。

店内がうるさく会話が難しかったが「球を抜いてください」というテロップを指さすと、店員さんは何かを察したかのように台を操作し始めた。よく見てみると、上皿の近くに「球抜き」と書かれているボタンがあったのだ。

それと同時に、上皿に溜まっていた玉が一斉に下に流れ始める。ジャーーーーーと一気に流れて行く様子はもはや爽快感すら感じる。

YO!YO!YO!

一方、台では藤原千花がYO!YO!YO!と荒れ狂っていた。
アタッカーが開き、球を入れていくと倍になって流れてくる。最初は300程度だったのに1000発、2000発、4000発と玉がみるみる増えて行く。どういう理屈で継続になっているか分からないが、気づいたら10連チャンしており、玉は1万発を超えていた。

これがパチンコの醍醐味…!と何とも言えない快感を味わっている中、自分はある問題を抱えていた。

めちゃくちゃトイレ行きてぇ…!!

気合を入れるためにエナドリを飲んだのがまずかったのか、めちゃくちゃトイレに行きたかった。ちなみに、決壊度数で言えば80%は超えていたと思う。一刻も早くトイレへ行きたいが、終わる気配が全然ない。

自分の中では「早く終わってくれ…!」という気持ちと「まだ続いてくれ…!」という矛盾した気持ちがせめぎ合っていた。
結局その後もラッシュは続き、20連もの大連チャン、2万発を叩きだしてしまった。ちなみに、トイレは何とか間に合った。おそらく、あと10分続いていたら危なかったと思う。


さて、ようやく初勝利を果たした自分は、店員さんからの景品を手に外へ出た。気分は戦果を挙げた武将の気分である。敷地を2~3周グルグル回っていると、何やら怪しげなカウンターを見つけた。

パチンコは三点方式だから問題ないと言われているが、ここまであからさまに置かれていると本当に大丈夫か心配になる。
受け取り口に景品を置くと、スッと2万円が差し出された。なんだか危ない闇取引をしたような気分になる。

近くのコンビニで缶コーヒーを買い一息つく。わずか1時間で2万円、言い方はアレだが、労働の必要性を疑問視したくなる。帰りに回転寿司でも行こうかとホクホクしていると、自分の中の悪魔が囁いた。

「もっと…もっと欲しくないか…?」

オタクがパチンコへ行ったお話 Part⑤(最終回)へ続く…

前回はコチラ→「オタクがパチンコに行ったお話 Part②」
このシリーズを初めから読む「オタクがパチンコに行ったお話 Part①」


「1円パチンコ!そんなのもあるのか…」
かぐや様のパチンコを設置している店を探していると、店によっては1円のレートで設置している店もあるらしい。

1玉1円なので、勝った時の金額は少ないが長く打ち続けることができる。そして、長く打てればその分当たる確率も上がる。

後日、自分は1円パチンコを置いている店へと向かった。初めての時は入ることすら時間がかかったのに、2度目は迷うことなく店に入った。慣れって怖い。

来た時間が早いからか店内はガラガラで、幸い台も入口近くにあったのですぐに座ることができた。

勝利を目指して、挨拶に5千円札を突っ込んだ。こういう時は資金に余裕がある方が勝てるのだ。

1円だと200円分ずつ玉が排出される。しかも、1回あたりの玉の量が4円の1000円分と同等の量だ(主観)

早速回していると、あることに気づいた。

「あれ、前よりなんか回る?」

これが釘の調整というやつなのだろうか。少なくとも前打った時よりもヘソに入る割合が多い。

これならもしや…と期待を込めて玉を打ち続けるも、結局鳴かず飛ばずで3000円消費してしまった。
長く打てても1/319を引き当てねば大当たりにはならないのだ。 

敗北が頭をよぎる中、4000円目に突入した時、ついに台に変化が訪れた。

突然画面内に早坂が現れ、保留変化が起きたのだ。ラーメン保留が藤原千花へ変わる。もしやこれが金保留というやつだろうか。

リーチになると同時に、見たことのない演出が始まる。

「かぐや様は気づかせたい

かぐや様が初めてネイルをした時のエピソードである。ここで会長が彼女のネイルを褒めれば大当たりだ。

会長「四宮!その爪!か…か…」

「言え!褒めろ!可愛いと言えー!!」
と内心大声で応援していたら

会長「可愛いよ!!!」

言った。言いやがった!
まさか本当に当たるとは思わず一瞬固まってしまったが、それと同時に台がギュイーン!!と聞いたことの無い唸り方をし始め、かぐや様の「好きー!好きー!」コールが始まった。

DSC_2328


初めて引けた大当たりに興奮していると「右打ちにしてください」とアナウンスが流れた。

DSC_2311


ハンドルを思いっきり右に捻ると玉が右端まで飛んでいき、上皿に玉がジャラジャラと流れ始める。

しかし、このまま増えていけば上皿から玉が溢れてしまう。

周囲を見渡してもドル箱はありそうにない。アタフタとしていると「玉を抜いてください」と画面内にテロップが現れた。

せっかく大当たりを引けたのに、このままでは台がエラーを起こしてしまう。だがこのまま台を離れる訳にはいかない。

絶体絶命な状況の中、自分はとあることに気がついた。


オタクがパチンコに行ったお話 Part④に続く…

このページのトップヘ