※当記事には汚い表現が含まれております!苦手な方はブラウザバック推奨※

12月3日に開催されたNAHAマラソン。自分も出走予定で、この日に向けてランニングや筋トレ等のトレーニングに励んでいた。目指すは完走だが、今までハーフマラソンにすら出たことない自分にとって「半分走れれば十分」だと思っていた。

NAHAマラソン前日、自分は仕事を早めに上がらせてもらい、出走受付へと向かった。だが、実はこの前から少し自分の体調に違和感を感じていたのだ。

自分は厄介なジンクスを持っている。それは「大事な予定の前に体調を崩す」というものだ。
それは、予定の1週間前に起きる時もあるし、前日に起きる時もある。自分は今まで何度かこのジンクスに振り回されてきた。

「なんか…胃がムカムカするな」

腹痛は感じないが、胃の辺りがグルグルしてうっすらと吐き気がある。この日は缶コーヒーとコンビニのウインナーパンしか食べていないので、お腹を壊すようなものを食べた覚えはない。たぶん緊張から来る一時的なものだろう、と楽観視しながら出走受付を済ませ帰路についた。

しかし、家に着いた後も胃の違和感は増すばかりで、食欲も湧かずついには悪寒すら感じる。とりあえずシャワーを浴び、目が覚めたらすべてが元通りになっていることを祈り、この日は早めに床に就いた。

しかし、そう都合よく体調が良くなるはずもなく、気づいた時には猛烈な吐き気で目を覚ました。トイレへ向かうと、明らかにその日食べた量以上に吐いた。というか、この日は朝食しか食べていないのに、いくら吐いても終わることがない。それから数分、胃が引き攣り裏返るような痛さと胃酸の不快感に耐えることになった。

一旦吐いたから楽になるかと思いきや、その後も吐き気が収まることはない。脱水を防ぐために水を飲むものの、水を飲んだら吐き気が強くなるという負のスパイラルに陥っていた。

ようやく吐き気が落ち着き再び眠りにつくことができたが、朝になっても回復することは無く結局NAHAマラソンには参加できなかった。とりあえず、一緒に出走予定だった友人に急いで謝罪の連絡を入れた。快く「お前の分も完走してくる!」と言ってくれた友人には感謝しかない。

出走できていれば最後まで走れなくても敗者になることはできただろうが、自分は”出走”というスタートラインにすら立つことができなかったのである。この日は結局、自分の不運さを呪いながら1日中布団の中で過ごしていた。


だが、正直に言うと今年は出走を決意したのが急だったこともあり、全然NAHAマラソンに向けた対策を行えていなかったと思う。体力作りやハーフマラソンへの出走など、対策を十分に重ねた上で、来年再度チャレンジしてみようと思う。