とむとむダイアリー

タグ:筋トレ

自分は基本、休日の昼頃に筋トレをしている。
夜は大体家族がいるし、部屋も完全に個室じゃないので、誰もいない昼頃に筋トレを済ましている。

だが、たまに全員が寝静まった深夜に筋トレをする時があるが、これがなかなか楽しい。
昼のように、声や大きな音を出せないので、少し家族に気を遣うが、部屋の灯りを机のライトだけにして薄暗い部屋で行う筋トレ、なんだかアスリートの様な気分になる。たぶんアスリートはしてないだろうけど…

音に気を遣わないといけないので、行う種目はダンベル、腕立て伏せ、スクワットと軽いメニューになるが、深夜という特別感からか、普段の倍充実感を感じる気がする。

たぶん深夜に勉強している時の謎の充実感に似たような現象かもしれない。
昔「深夜に筋トレしてもあまり効果は無い」と記事を見た覚えがあるが、自分は効果よりもロマンを取っているのだ。
いつか24時間フィットネスに入会して、仕事帰りの夜にトレーニングしてみたいものである。

そして、深夜に飲むプロテインの悪魔的美味さ…!これを飲んで少しボーっとしてるタイミングがめちゃくちゃ幸せなのだ。
あと、疲労感からかすぐに眠りに落ちるが、大抵翌日寝坊してしまう。

ちなみに、深夜のランニングも昔検討していたが、実際に外に出ると暗くて怖いからやめた(チキン)

ついに…ついに例のブツが届いたでござる!!DSC_0012[1]

Amazonで買ったBODYTECHのダンベルでござる!!

なんとこのダンベル、重りが取り外し可能で、1本につき最大10㎏の重量まで調整できるという代物!
最近5㎏のダンベルでマンネリ化を感じていて、Amazonプライムデーで思い切って買っちゃったでござる~~!

ちなみに届いた時はこんな感じ↓
IMG_4jvuk0[1]

ダンベルの持ち手が2本に左から順に「1.25kg→1.5kg→2kg」と重量がそれぞれあって、持ち手に装着する重りの重さと個数で重量を調整できるでござる!!

重りは1本の持ち手に対し、3つ程装着可能なんですよね…!

DSC_0013[1]

こんな感じ!ちなみにこの重量は「1.5×4+1.25×2=8.5kg」の重量でござる!組み合わせ次第で重量の幅が広がるのは何気に嬉しい…!

そしてこのダンベル、実はもう1つ機能があって↓
DSC_0014[1]

バーベルにすることも可能でござる!ベンチがあればベンチプレスもできるんですよ…!
腕、胸、背中、これ1つで幅広いトレーニングが行えるでござる!


ちなみに、この記事を書く前に8㎏の重量で試したんですが…死ぬ!!!!!
5kgが余裕だからって、完全に思い上がってました…いきなり8㎏はキツイから、6kg→7㎏と徐々に負荷を上げていった方がいいかも。

このダンベルを使って、来年の夏には半袖の服が似合うたくましい腕になれるように筋トレに励む所存です!!

最後に、計20㎏になるこんな重い荷物を笑顔で「重いですね(笑)」と爽やかに運んでくれたヤマト運輸のお兄さん、本当にありがとうございました…ッ!
拙者は玄関から部屋に運ぶまでで死にかけたでござる…!ヤマト魂ハンパないですな…!

筋トレをかれこれ4年以上続けている。「4年間毎日続けている。」という訳ではなく、「3日坊主」を4年以上続けてきた。
きっかけは「Fateに出てくるアーチャーのたくましい肉体に憧れた」ことや「女子にモテそう」と不純な動機だ。

始めた頃は「腕立て伏せ」「腹筋」「スクワット」とシンプルなトレーニングをしていたが、続けてみると楽しいもので、限界回数を超えられたり、新しいトレーニングを試してみたり、少し筋肉がついたことを実感できた。
中学生時代の写真と比べると、けっこうガタイもよくなった気がする。

だが、自重トレにも限度があり、最近ジムの入会を考えた。自宅近くのジムに通いたいが、最近のジムは会員制らしい。

会員費も最低ラインでも6000円超。市民ジムがだいたい200円~300円だから毎日通わないと元は取れないだろう。3日坊主のワイには毎日通うのは無理だ。
更に上の会員プランに申し込むと、元を取るどころか余計なお金ばかり飛んでいく。

健康はお金に「換えられないが」、健康になるにはお金が「かかる」
これじゃあ筋トレどころか「金取れ」になってしまうと思い、ワイは今日も自重トレに励んでいる。

このページのトップヘ