とむとむダイアリー

タグ:マクロスΔ

皆さんこんばんわ!とむとむでござる~!

10/13に解禁されたワルキューレ3rdアルバム『Walkure Reborn!』
今日はこちらのアルバムの感想についてお話ししたいと思います~!

_20211118_164320

ジャケットはワルキューレメンバーのレオタード(?)姿。ワルキューレってアルバムごとに違った服装なの面白いですよね~!

自分も実際にCDを購入し、毎日聴いています…!
もうほんと、どの曲も凄すぎて、自分の語彙力では感想が言葉にならなくて、発売から1ヶ月後の感想になりました…!

それでは収録曲をそれぞれ紹介していきたいと思います~!





唇の凍傷

まずは1曲目、どんな曲が来るんだろう?と思わせてから、神イントロが来て一瞬で神曲と確信しました…!「凍傷」がタイトルについてるだけあって、冬感のあるメロディなのも良い…! 「混沌の中~」から、歌唱パートがメンバー1人1人変わって行くんですが、流れるようにスムーズに入れ替わるのほんと凄い。 ちなみに、カナメさんの「本能”ゆえ”に」の「ゆえ」の言い方がブレスかかったような歌い方でめちゃくちゃ好きですね。

未来はオンナのためにある-movie edition-

「あんちくしょう、こんちくしょう」のような激しい曲調と歌詞がこの曲の魅力!あと、ラストサビ前のギターソロがカッコイイ。 ちなみに、このアルバム聴くまで「"movie edition"って、ほとんど原曲と変わりないでしょ?」と半信半疑だったんですよね…そんな事思ってたワイをぶん殴りたい。 普通に聴いていると、最後のサビ手前の「だから女達よ声を上げよう」のパートが美雲ではなくフレイアに変わっていた衝撃。強いて言えば、そのままフレイアの歌うサビも聴いてみたかった(強欲)

無限大DRIVE

ここからはメンバーごとのソロ曲!1番手は美雲(JUNNA)曲! まず初めて聴いた時思ったのは「ロックや…」という語彙力の欠片もない感想。美雲メインの曲って、扇情的な歌詞や曲が多いというか、今回もその例に漏れず、扇情的な歌詞が多いロックな曲になっていましたね(好き) 合いの手?コール?的な部分も沢山あるから、知ってる人と一緒にカラオケ行ったら盛り上がりそうな曲ですな…!

キキワケナイ!

カナメ(安野希世乃)メインの曲。ワイ的にソロ曲の中で一番好きな曲。 イントロから漂う昭和~平成初期の曲の雰囲気。平成初期のアニソンとか好きな人は絶対刺さる。ワイが刺さったから間違いない← 以前の配信で「デビューしたてのアイドルの初々しさ」を表現したって語られてましたが、まさにその通り。そのイメージを見事に表現しきった安野さん凄い…!

マダマニア

マキナ(西田望見)メインの曲。アルバム全体を通して異色を放っている曲です…!(好き) 「おにゃの子☆girl」がガチガチかつ大人な雰囲気のテクノ曲だったのに対し、今回は電波なテクノ曲に仕上がっています…! いつの間にかフレーズを口ずさんでしまう辺り、その中毒性の高さは異常。電波かつ可愛い、まさにマキナを体現した曲です。

キズナ→スパイラル

レイナ(東山奈央)メインの曲。レイナのソロ曲って、独特な雰囲気の曲で最初「???」の状態だけど、徐々にハマっていくんですよね。 ワイも何度か聴くうちに、彼女の囁くような歌声が癖になってしまいました…!このめちゃくちゃ難しい曲を完璧に歌い上げた東山さんマジで凄い。

愛してる

フレイア(鈴木みのり)メインの曲。タイトル通り、ストレートな恋の歌。 ワイ、恋愛ソングって、意味深だったり駆け引きだったりな曲よりもこういう右ストレート的な分かりやすい曲に弱いんですよね…! あと、映画見終わった後に気づいたけど、最後のサビ前の歌詞で「空は高い、海は青い」ってのがあるんですが、ハヤテとの掛け合いに使われた台詞が実際に歌詞になってると気づいて鳥肌立ちました…!(号泣)

つらみ現在進行形

劇場版予告にも使われた当曲。タイトルに「つらみ」という、流行語が使われてるの面白いし、歌詞内でも「サムネ」が使われていて、若者を意識したような感じがするぞ…! しかもこの曲、5人曲にしては珍しく、サビでカナメパートあるんですよね。個人的にめちゃくちゃ嬉しい。 この曲の作曲者「涙目爆発音」と同じ堂島さんらしく、さらにサビ内でも「爆音」というフレーズが使われてる辺り、前作を意識した曲なのかもしれないですね。

ワルキューレはあきらめない

劇場版予告を見た時からずっと待っていた当曲。「あきらめない!あきらめない!」のパートがサビではないと知った時の衝撃は異常。 「これ以上に盛り上がるの…?」ってめちゃくちゃ期待してたら、和調な曲調と、サビのカナメ、マキナ、レイナのトリプルコーラス、美雲の高音ボイス、最後の「まだ!×4」からの転調。期待値という名のハードルをぶち抜いてきた。そんな楽曲になっております。 ちなみに、劇場内での使われ方もズルいというか、あの曲が流れてきたタイミングが最高潮過ぎて、興奮のあまり逆に泣くというハプニングが起きました…

ALIVE~祈りの唄~

イントロから壮大さが伝わる曲…!この曲は曲だけではなく、是非映画でも楽しんで頂きたい曲です…! 最後の感情のこもった「心から愛してる」の歌い方がめちゃくちゃ良い。この曲もmovie editionとしてウィンダミアの人達の合唱Verも出してほしい曲ですね…!(強欲)

宇宙のかけら

卒業ソングのような雰囲気を感じるこの曲。実際に使われたシーンが別れ際だったから、そういうのをイメージした曲なのかも…! 「迷う心それが今日も私が生きてく証ね。」って迷うことや人の弱さを認めるような歌詞が良いですよね。

ルンに花咲く恋もある-movie edition

アルバムの最後を飾る曲。「ALIVE」や「宇宙のかけら」を聴いてしんみりした気持ちを、この曲が塗り替えてくれるんですよね! ちなみに、こちらもmovie editionとなっているんですが、差分部分はイントロでオルゴールが流れるというもの。気の早いワイは初めて聴いた時「バラード調なのか?」と思いましたww 劇場内でもEDとして起用された当楽曲。最後は楽しい気持ちで帰らせるぞ…!という制作サイドの思いを感じましたね…!(たぶん違う) ワイ的に「すべてはOh!Yeah~」のマキナの上ずった感じの声がめちゃすこ。

まとめ

ここまで見てくださりありがとうございます!このように3rdアルバム「Walkure Reborn」非常に名曲揃いな豪華なアルバムになっております…! 劇場版「絶対LIVE」を観る前でも楽しめるし、観終わったら、そのシーンが脳内を流れたり、歌詞の意味が分かったりするので、1つで2度楽しめる作品です! 今はSpotifyやサブスクでも配信されているので、気になった方は是非聴いて頂けると嬉しいです!!

エアワルキューレ『ワルキューレが止まらない』ライブ、視聴しました…!
前回のエアワルキューレから期間が空いてたけど、今日までめっちゃ楽しみにしてたでござる~!
今日はそのライブの感想についてお話ししたいと思いますっ!

ようこそワルキューレ・ワールドへ
ライブ開始1曲目、普通に恋ハレかと思いきや、この曲から始まりましたねぇ。各キャラの口上もあって盛り上がるオープニングでした…!

しかもあの黒を基調とした衣装もめちゃくちゃカッコイイんですよね。実際にアニメのワルキューレメンバーが着てそう…!

不確定性☆COSMIC MOVEMENT
作中でもワクチンライブで披露されてた曲でThe・ライブ感のある曲で好きでござる。振り付けの再現度も高かった…!最近の声優様、演技だけじゃなく歌って踊れるの凄いよね…!

Absolute5
曲の雰囲気も落ち着いてる感あるけど、サビで一気に転調してくるのがもう…!(語彙力)歌詞的にもワルキューレをイメージしたフレーズが多いんですよねぇ!
自分「攻防戦」が「五芒星」に空耳で聴こえて「確かに5人だし五芒星だよなぁ。」と最近まで勘違いしてました…!
あと、「見えるくらい大音量」って矛盾したフレーズが好きすぎる。

AXIA
ちゃんと入ってて嬉しかった…!背景にメッサーVSキース戦流して、ライブとアニメをシンクロさせるという神演出。わりと涙腺が危なかった…!

ワルキューレが止まらない
流れた時にはテンション爆上がりしましたねぇ!!!
実は最近まで知らなかった曲で、現在絶賛ハマり中です。激しい曲調で正に勢いが止まらないのを表してる曲で好きなんだよなぁ!!

ラスト2曲は『愛おぼえてますか』⇒『恋ハレ』という流れ…!『愛おぼえてますか』で皆号泣してて、思わずワイまで泣きそうになりました(号泣)

そして号泣した後に『恋ハレ』を歌う切り替えの早やさよ…!けっこう1曲目で歌う恋ハレで締めくくるのエモい。マキナさんの「きゅっと♡」のセリフで尊死するのはワイだけでは無いはず(願望)

ここまで視聴したんですが「本来なら3時間歌った」の発言から、カットされた曲も多々あるようですな…!ライブ円盤買うか悩みますぞ…!

そしてそして、最後にワルキューレ3rdアルバム『Walkure Reborn』の発売日発表した上に収録曲を公開するというとんでもない爆弾を投下して来ましたね…!(歓喜)

メンバー各々の個人曲に『未来はオンナのためにある』『ルンに花咲く恋もある』劇場版Ver、予告で流れてる『ワルキューレはあきらない』が収録されてる欲張りセット。

初回限定版では「ワルキューレはあきらめないLIVE」ブルーレイも付属するらしい。これは買うしかねぇべ!!!(使命感)

って思ったら、ワイの家、DVDプレイヤーしかなくて、Blu-ray機器持ってないし、CDも基本PCから聴くだけなんですよね…!購入に備えて、視聴機器も用意せねば…!

これから映画、新アルバム、プレイヤー、お金がめちゃくちゃ飛んでいきそうなので、今から貯金しなくちゃでござる…!

皆さんこんばんわ!とむとむでござる~!!
拙者、先ほどまで「エアワルキューレ」のライブ観賞をしていましたので、その感想についてお話したいと思いますっ!(唐突)

そもそもワイ、音楽はCDとか音源でよく聴くけど、今までライブに行った事も無ければ、ライブ映像を視聴したことも無いんですよねぇ。ちゃんと視聴したの今日が初めてだったけど、とても新鮮だった…!

マクロスFのライブは2008年に開催されたらしいので、映像が少し古い感じなのがめちゃくちゃエモい…!
曲も「1曲ずつ順番に歌う」かと思いきや、各曲を「サビやAメロのパート」ごとに歌っていくメドレーは衝撃だった…!

May′nさんのライブ中の振り付けもシェリルが憑依したような動きでヤバかったでござる。中島さんの『星間飛行』の振り付けも可愛かったですねぇ。
個人的にやっぱ『ライオン』が好きなので、何度も歌ってくれるのは熱かったです…!

ワルキューレのライブもめっちゃセトリ好みに刺さる曲ばっかりでした~!アルバム2枚を良い感じにブレンドしてましたね…!『ジリティックBEGINNER』『おにゃの子girl』『Silent Hacker』の流れが好きすぎる…!

前どこかで「ワルキューレは音源よりライブがヤベェ」って聞いたけどマジだった。

ライブ映像をオーディオコメンタリー式で、声優さんと一緒に観賞するって趣旨がまた面白くて、当時のコソコソ話、裏エピソードもあって更に盛り上がったでござる…!

ライブ後には、劇場版新情報も発表されて、公開の秋に向けてワクワクが止まりませぬな…!

あと①「ワルキューレに歌ってほしいマクロスFの曲」②「ランカとシェリルに歌ってほしいワルキューレの曲」投票が始まりますが、皆さんはどの曲を投票しますか?
自分は①『トライアングラー』 ②「破滅の純情」に投票する予定です…!

ワイはまだ「フロンティア」と「Δ」しか見てないので、劇場版が更に楽しめるように初代から見てないシリーズをこれから見て行こうと思います~!

皆さんこんばんわ!とむとむでござる~!!
ついに見ました、マクロスΔ『激情のワルキューレ』。今日はその感想をお話していきます!

①ストーリー
「オリジナル展開」ってよりも「再構成」。全26話を整理し、綺麗に2時間にまとめた感がありました!
大きな改変としては
「ハヤテが最初からΔ小隊所属」
「フレイヤがワルキューレオーディションに参加してない(日程を間違えた)」
「ワルキューレの軌跡が序盤に語られる」
「メッサーがキースに勝利する」
「ワルキューレがウィンダミア勢力に攫われる」etc…

特に「メッサーVSキース」戦は本編通りの展開かと思いきや、コックピットショットを躱した時には「うおお!!躱したッ!!」って衝撃でしたねぇ。死亡する時もカナメさんに看取ってもらうという神改変。
メッサーが機体に隠してた写真で、彼の人物像について深堀されてて良かった。わりと今回の主役ってメッサーだったのでは?←

ただ「激情ーダイビングー」のラグナ決戦や、ハヤテがフレイヤの歌で暴走するといった重要箇所がカットされてたのは悲しい…!

ワイ的に今回のストーリーは「ハヤテ視点」ではなく「ワルキューレ視点」だった気がする。

②歌
もうね、最高だった(語彙力)まず開幕早々、新曲「ワルキューレがとまらない」で心つかみに来た。
そしてライブシーンの「チェンジ!!!!!」はまさかの3D演出。3Dだからめちゃくちゃ動くし、躍動感あって良かったでござるね~~!

既存の「いけないボーダーライン」「一度だけの恋なら」「恋ハレ」「AXIA」の神曲も、これでもか!ってくらい大盤振る舞いだった。

そして最終決戦時に歌う「ワルキューレは裏切らない」がまたカッコよくて、涙腺に来たでござる…!
ワイ的に「Absolute5」で美雲がワルキューレに戻ってくるのがエモ過ぎなんだよなぁ。

これもう映画ってよりもライブを観たって感覚の方がデカい(褒め言葉)


今年公開される劇場版「絶対LIVE!!!!!」。あのライブ感を映画で味わえるって思うと、めっちゃ楽しみでござるね~!!

このページのトップヘ