とむとむダイアリー

タグ:ネタバレ

最近、マクロスFを見終えて劇場版『イツワリノウタヒメ』『サヨナラノツバサ』を見終えたとむとむです!
ワイ「長編アニメは劇場版ダイジェストで十分じゃないか?」って思ってたけど、その考えを改める程面白かったでござる。今日はその感想についてお話していきます~!!

①オリジナルストーリー
劇場版って、原作の不要な部分をカットして2時間以内に収める。ってイメージだったんですが、今作はカットもあるけど、それ以上に大胆にストーリーが変わってるんですよね!

「シェリルがスパイかもしれない」って設定が面白かった。実は自分も本編見てるときはバジュラはシェリルに引き寄せられてるんじゃないか?と推測してました…!
そこから、シェリルがスパイ容疑で死刑な所を皆で助けに行く展開は激熱…!アルトの「女性並みの美形」って設定も女装でしっかり回収されたのが草でしたww

あとフロンティア政府が本編よりも強かで、ギャラクシー勢力を一時的でも上回ったのは意外でしたな。

個人的にアルトのランカの出会い、ミスマクロスのカット、劇中の映画撮影がカットされたのが少し悲しい(ランカ贔屓)

②キャラクター
ストーリー改変に伴い、キャラクターの性格や関係にも変化があったのも面白かったです!
1番グッと来たのが中盤以降、シェリルを裏切るグレイスが、真剣にシェリルの身を案じていたのが感動でした(号泣)

アルトの「役者」「演じる」事に対して「いずれ自分が誰なのか分からなくなりそう…」と内面をしっかり描かれていて良かった。けど、結局早乙女家との確執は残ったままなんよね…!

ランカの兄ブレラも序盤から登場していたのは衝撃的な反面、ランカと関わるシーンが少なかったから「自分は兄だ。」と明かすシーンがあっさりしてる感は否めなかった…!けど、けど、自分の意志でインプラントの洗脳を解くシーンは激熱なんだよなぁ。

ミハエル君が2度の死亡フラグへし折って生存したのは意外…!あと、何気に本編よりクランに対する気持ちに正直な所があった気がする。

③歌
新曲、ライブを持ってきたのはめちゃくちゃ嬉しい…!演出も3Dを使っていたり、エッチぃ描写があったり、曲もカッコいいし映画とライブが一体化した感じ、最高でしたねぇ。
ランカちゃんのライブシーンが多かったのが嬉しいし『放課後オーバーフロウ』の制服姿可愛かった…(尊死)

最終決戦のライブ曲『サヨナラノツバサ』も、ほんと最後の戦いを盛り上げていて、ラストを飾るのにピッタリな曲でしたな。

④結末
本編ではバジュラの母星に、フロンティアが移住してENDでしたが、劇場版はまさかのアルトが行方不明エンドに…!この物語は『イツワリノウタヒメ』冒頭で、宇宙を彷徨っていたアルトの回想も含まれてるんじゃないかな?と思っています…!

シェリルも最後のライブですべてを出し切り昏睡状態という…!ランカから輸血を受けて生命維持orV型ウイルスへの抗体を得ようとしているのかな?

けどエンドロールでシェリルの「いつだって奇跡は起きるの!」「私たちの歌を聴けぇ!」ってセリフあったし、復活は期待できるエンドだった気がする。

近い内に短編劇場版が予定されてるので、ワイの予想では劇場版を正史として続編が作られているのではないか?と予想しています…!次回の劇場版も絶対観に行きたいですねぇ…!

ついに、ワイが7年以上追い続けた漫画「進撃の巨人」の最終巻が本日発売されました。
ワイの地域は輸入の都合上、発売が2~3日遅れなので、先に電子版で結末を見届けたでござる。

今日は最終巻を読んだ感想について語っていきます!!
※以下よりネタバレ注意

大まかな内容は本誌と同じだけど、大きな違いは「8Pの加筆ページ」

①「ミカサとユミルの対話」
このシーンで気になったのは「初代フリッツ王が死に、ユミルと娘たちが生き残る」描写。
本来ユミルはフリッツ王を守るため身代わりになり死亡。巨人の力を失わないために、フリッツ王はユミルの娘達に母の亡骸を食べるように仕向けます(グロい)

加筆の描写では、ユミルが生き残っているため「ユミルの代で巨人の力は消滅。死後誰にも引き継がれなかった。」可能性が高く、その過去改変の影響で巨人の力がユミルの民から消えたのでは?と考察しています…!


②「歴史は繰り返す」
単行本は本誌の最終回、その後の世界が描かれています。
ジャンとミカサが結婚、子どもと一緒にエレンの墓を訪れている描写。ジャンと結婚し、子どもも生まれたけど、エレンの事を生涯思い続けているのはエモい…!良かったねエレン…!
パラディ島も技術が発展し「高層ビル」や「自動車」が存在していました。

時は流れ、ミカサは老衰(?)で死亡。その後、パラディ島は世界から「地ならし」の報復を受けます(壊したな…!!エレンの残した平和を!←)

「被害者と加害者の立場の逆転」が進撃のテーマではありますが、最後の最後で持ってくるとは…!
一時の平和があっても、憎しみ・報復の連鎖は止まらない。歴史は繰り返すを体現した描写だけど、これは辛すぎる…!


③「あの丘の木」
数百年、数千年経ち破壊され尽くした荒廃したパラディ島。その中で1人の少年が天にまで届きそうな木を見つけるシーンで、進撃の巨人は最終回となりました。
その大樹が、エレンの居眠りしていた「あの丘の木」です。

最終話タイトル「あの丘の木に向かって」は、仲間達だけが向かうのではなく、あの少年が木を発見する意味でもあったんですね…!

かつてユミルが巨人の力を得た時の木と同じく、少年が見つけた木にも根元に大きな穴がありました。
これが巨人の力がまた復活することを意味するのかは分かりませんが、進撃にぴったりな最終回だったと思っています。


④スクールカースト
今まで単行本オマケの嘘予告「進撃のスクールカースト」で衝撃的な発言がありました。

映画の感想語る時に
「信じらんねぇよな100年前 本当に巨人がいたなんて。」「あの3人の幼馴染も実在していたらいいのにね。」

と発言がありました。これはスクールカーストと本編がリンクしていることを意味してるんだよね!!(関暁夫)

思い出すと、エレンの未来の記憶の中で、とても小さくスクールカーストのコマが描かれていたんですよねぇ…!ここから伏線だったとは…!

今まで熱中していた作品の最終回、最終巻をリアタイで見届けたのはワイの漫画人生の中で大きな思い出です。ほんと進撃に出会えてよかった(号泣)
サンキュー進撃。(地獄は)フォーエバー進撃。

このページのトップヘ