とむとむダイアリー

2022年02月

皆さんこんばんわ!とむとむでござる~!今日は2/13に放送された【進撃の巨人】The Final Season Part2 81話「氷解」の感想をお話ししていきます!ネタバレ含みますので、未視聴の方はご注意ください。

81話「氷解」は原作124話「氷解(1話分)」を含む構成となっております。今回は珍しく1話分のみの構成となっておりますが、その分見所満載の回となっておりました!!

無数の超大型巨人と共に世界を踏み潰すべく進み出したエレン。一方、ジークにより巨人化させられた兵団上層部が島民に対しても牙を剥き始める。巨人から身を守る壁がなくなった今、シガンシナ区にて巨人を殲滅するべく、かつての同胞達との戦いが始まる…

今回は個人的に「キャラ達の心情の変化」と「無垢の巨人VS兵士」が見どころ。それぞれ順番に解説していきたいと思います!!

第81話(シーズン6 #6)「氷解」のあらすじ

episode_81
©諌山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
ごうごうと鳴り響く大地。空まで立ち上る土煙。その先を進む、巨人の群れ。島の壁は今、なくなった。この世からそこにある命を駆逐するまで、誰もエレンを止めることはできない                                                                                                        【進撃の巨人】The Final Seasonホームページより引用

キャラ達の心情の変化

IMG_20220214_190146[1]
©諌山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

硬質化が解かれた影響で、壁の破片をまともにくらい重傷を負ったライナー。世界が滅ぼされると絶望する彼に対し、ガビは「地ならし」の阻止とファルコの救出のため動き出します。 その道中、無垢の巨人に襲われるブラウス一家を発見。かつて、自分を殺そうとした少女カヤを命がけで救出します。

この時のシーンがめちゃくちゃ熱いんですよね…!

「サシャの死」の加害者のガビ、被害者のカヤと亀裂の入った関係が、ガビの命がけの行動により”氷解”していくのが、今回の大きな見どころ。

さらに、カヤ同様にサシャを大事に思っていたニコロも、ガビの正体がパラディ兵にバレないように庇うなど、今までの険悪な関係が一気に溶けだしていく、キャラ達の心情の変化が多く見られる印象を受けました!

この時のニコロの「森から出るんだ。出られなくても…出ようとし続けるんだ…」の言葉の意図は

・森=残酷な世界や過去の罪と憎しみ
・出る=その罪や憎しみを赦す


「赦すことができなくても、赦そうとし続けるんだ」という意味だと個人的に解釈しています。

久しぶりの立体起動アクション

_20220214_220534[1]
©諌山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

今回の大きな見どころ、その2つ目が「立体起動アクション」になります! 無垢の巨人を殲滅するべく、動き出したジャンやアルミン達。

その時の巨人討伐シーンや、新兵達が砦まで巨人を誘導する時のシーンが、もう初期の進撃なんですよ!! 進撃には「伝説の18秒」と呼ばれる、圧巻の立体起動シーンがあるんですが、今回の立体起動アクションもそれに近いシーンとなってたんですよね…!

自分の中ではこの時「紅蓮の弓矢」が脳内を流れ始めました~~!

ファイナルシーズン以降は特に、巨人VS巨人の描写が多く、立体起動の活躍シーンが少ないだけあって、今回の充実したアクションシーンは「これぞ進撃!!」と思いました…!

さらに、この時に流れるBGMが「Barricades」という激熱演出…!本当に進撃の初期を彷彿とさせる演出が多く、MAPPAのWITリスペクトが伝わる回でした~~!!

初期との対比

IMG_20220214_220224[1]
©諌山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

今回の立体起動シーンもそうですが、今回の「氷解」は本当に進撃の初期を彷彿とさせる要素が多く感じました。

主な共通点としては

・壁が機能しない
・無垢の巨人が襲ってくる
・新兵が戦場に駆り出される


の3点。さらに、久しぶりの無垢の巨人で、巨人の不気味さを再認識しました…! 巨人が建物を破壊して覗き込んでくる描写とか、まさに初期の進撃…!

もし違う点があるとすれば

・兵士の装備や戦闘力の向上
・巨人の正体を知ってしまっている


という点ですね!かつてはブレードでしか戦ってなかった兵士達、しかし、今では雷槍という強力な武器があるので、以前ほど苦戦はしてないように感じました。

さらに、昔は新兵だった104期生達が主戦力になるのは熱い…!ジャンが討伐を指揮するシーンとか、昔マルコが言っていた「弱い人の気持ちが理解でき、今何をすべきかが明確に分かるから指揮官に向いている」の発言を回収していましたよね!

けど、巨人の正体を知った今、昔のように「巨人をぶっ倒せ!!」という気持ちで応援できないのが辛い所…しかも今回巨人にされたのはピクシスやナイルとかつての仲間達なので、余計に複雑な心境になりました…

アニの復活

IMG_20220214_220121[1]
©諌山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

今回のラスト、ついに、ついにあのアニが復活する描写がありました!!!

ストヘス区でエレンと戦闘後、自身を硬質化させ水晶の中に閉じこもったアニ。しかし、壁の崩壊と同時に、すべての硬質化が解かれ彼女の硬質化も解除されました。

調べた所、彼女が結晶体に入ったのが2013年なので、なんと8年ぶりに硬質化が解かれたことになります…!「二千年後の君へ」の伏線が回収されるのと同じぐらいの年月が経ってるという…!

タイトルの「氷解」は、キャラの心境の変化のみではなく、彼女の結晶体が氷解するという意味も込められているんですよね…! 父のもとに帰ることを目的に行動するアニ。彼女が味方となるのか敵となるのか、気になる所ですね…!

まとめと次回の見どころ

以上が今回の解説・感想になります! 珍しく原作1話分しか消化しなかった81話。しかし、キャラの心情の変化や、WITをリスペクトした立体起動アクションをじっくり描いていて、満足度は高かったです!

さて、次回82話「夕焼け」では、アニの今後の動向や、フロックが義勇兵を拘束した真意が明らかとなります!

次回の見どころは

・アニの今後の動向
・フロックの真の目的
・コニーに攫われたファルコ


この3つが大きなポイントになると思います!次回もめちゃくちゃ楽しみですね!

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!また来週お会いしましょう~~!

※前話80話「二千年前の君から」の感想はこちら→「【進撃の巨人】The Final Season Part2 第80話「二千年前の君から」感想。80話越しの伏線回収&地ならし発動

端っこの安心感はハンパない。
何があっても、すぐに抜け出せそうな感じがたまらなく安心を感じる。

自分は映画館で映画を見る時、端っこの席辺りに座る。
以前この話を母にした時「映画観にくくない?」と訊かれたが、自分的にはこのポジションが一番好きだったりする。

というのも、映画を観ている最中にトイレに行きたくなった場合、真ん中だと通路に出る前に人の前を通らないといけないので、めちゃくちゃ罪悪感が湧く。

しかし、端っこの場合だとすぐに通路に出られるのだ。それに、行きやすいという安心感からか、端の席を選ぶようになってからは自然とトイレに行きたいと思う事も無くなった。おそらく気持ちの問題もあるのだろう。

モノレールに乗る時も、大抵端の席に座っている。
特にこれに関して理由は無いが、なぜか安心するのだ。閉所恐怖症ではないが、出口に近いことが関係しているのかもしれない。

思い出してみると、学校の運動会や学芸会の時もいつも端っこにいた気がする。
ちなみに、リレーの時も端っこ(最下位)になることが多かった。

あと、3人で写真を撮る時も絶対に真ん中に入らず端に立った。真ん中に映ると魂を抜かれるらしいからだ。

もともと中心で目立ちたい!!と思うことが無いタイプだったので、自分にとって端っことは特等席であり、安らぎの場所でもあるのだ。この景色を譲る訳にはいかない。

まぁ色々理由を述べたが、結局のところ、恥ずかしがり屋な”恥じっ子”タイプなので、”端っこ”が好きなだけなのだと思う。

今欲しいものランキングを作るとすれば、本棚は上位3位以内にランクインする。
それぐらい本棚が欲しい。

小学生の頃から集めていた漫画、中学生の頃から集めていたラノベ、高校生の頃から集めていた小説。
全て合わせるとけっこうな多さの本を持っていると思う。しかし、収納する場所が無く、みんな段ボールの中に収納されている。

「いつか本棚を買うから、とりあえず応急処置」と思って段ボールにしまったが、結局本棚を置く場所が無く、かれこれ3年以上経ち、いつの間にか存在すら忘れていた。

しかし、最近ふと漫画が読みたくなり、ついに封印されし禁断の箱を開いた。
段ボールいっぱいに収納された本。埃をかぶっていたが、幸いカビや傷みは少ない。

自分の読みたい漫画を探すが、なかなか見つからない。
おそらく、しまう時に下側に積んだのだろう。上にある本を1つ1つ取り出し、目的の漫画を探す。

取り出す過程で、「こういう本持ってたな~」「これ、結局読まずにそのままにしてるやつや…」
と、昔のアルバムを見ているような感覚になった。

なんとか目的の漫画を見つけ出したが、その過程で取り出した本達をまた段ボールの中に戻すのは寂しく感じ、とりあえず机の横に積んでおくことにした。

ちなみに、今回自分が取り出したのは氷山の一角に過ぎず、まだ押入れにしまっている分もある。
いつか本棚にすべて収納し、好きな時に取り出して読んだり、友人に貸すのが夢ではあるが、実家暮らしで部屋が狭い自分には、本棚を置く場所が無いのだ。

将来、一人暮らしをした時には、家具の中で真っ先に本棚を購入しようと思う。

誰だって残業はしたくない。
そりゃそうだろう。ただでさえ長い勤務時間なのに、さらに数時間上乗せさせられるなんて、まっぴらごめんだ。

だが、どうしても残業をしないといけない日というのはあるもので、自分も今日はこの時間まで残業をしていた。自分達の場合、勤務時間の真ん中辺りで残業の依頼が飛んでくる。

普段の自分なら何かと理由をつけて、そそくさと退散するのだが、今日は自分が携わっている業務の人員がどうしても足りないということで、協力せざるを得なかった。

と、文面だけ見ると嫌々引き受けた様に見えるが、実際の所、好きな上司からの頼みだったので、快く引き受けた。

しかし、残業を一度引き受けてしまうと、その日の時間が倍長く感じてしまう。本来であれば、2時間後には帰れたのに、5時間延長になったのだから当然だろう。苦肉の策として、自分は時計を見ることをやめた。

そして、本来の退勤時刻を過ぎた辺り、急に時間が加速した。
今までの遅い時間が嘘のように、時が動き始めたのだ。おそらく、”普段働いていない時間”という非日常感から、体感時間が早く感じるようになったのかもしれない。

さらに、忙しすぎて脳内麻薬が出てきたのか、なんだかハイになったような感覚を覚えた。
忙しすぎると、なんだか楽しくなってくるときってあるよね…(たぶん)

これはあの時の感覚に似ている。そう、文化祭や体育祭のために居残りした時だ。
最初は「嫌だな~」と思っていたのに、いざ残ってみると意外に楽しかったような。そんな感覚だ。

そうして、やっとこさ残業を終えてビルを出ると、外は真っ暗で冷たい風が吹いていた。
ビルやコンビニの灯りの下を歩く帰り道は、同じ道のはずなのに新鮮な感覚だった。そう感じたのはいつも夕方に帰宅しているからだろう。

そして、まだこのアドレナリン的な感覚が残っている内にと、この記事を書いている。流石に毎日は嫌だが、たまには残業に協力してみるのもアリかもしれない。

自分は、小中学校の間で部活に入ったことがない。
いや、厳密には小学生の頃、吹奏楽部に入っていたが、2ヶ月も経たない内に辞めてしまった。ちょうどゲームにドハマりしていた時期なので、部活よりもさっさと家に帰ってゲームをしたいというタイプだったのだ。

そして、中学生になった頃、周りと比べて比較的背が高かった自分はちょいちょい運動部の入部を勧められることがあった。まぁ体育の授業で運動神経がめちゃくちゃ悪いと露呈してからは誘われなくなったのだが…

正直、小中学校の部活は運動部しか無いので、運動神経が悪い人からしたら入部のハードルが高すぎるのだ。一応、文化系の部活が無いかも探したが、やはり存在しなかった。

さらに時が流れ、高校生になった頃。楽しい高校生活を送りたいと考えた自分は、ついに部活の入部を決意した。

とは言っても、やはり運動部は苦手なので文化系の部活を探すことにした。
高校は小中と比べると、囲碁、茶道、PCと文化系の部活もけっこう多い。特に自分は当時読んでいた「文学少女」の影響から、文芸部が無いか探していた。

ダメで元々だったが、なんと文芸部は存在していた。
希望通りの部活があることに喜んだ自分は、その文芸部に早速入部希望を出した。

部員も小規模で、皆オタク趣味。まさに自分の理想とする部だった。
一応、顧問もついており、年に1回「文芸誌」を出すなど、ちゃんとした部活だったと思う。
ほとんどは部室でオタク活動しているだけだったが、それでも楽しかった記憶がある。


今思い出してみると、彼女ができたり、後輩ができたり、部長(飾り)を任されたりと、そこそこ充実した部活ライフを送る事ができたと思う。

今まであり得なかった、卒業式で後輩からプレゼントを渡してもらえる貴重な体験もすることができた。

彼女や友人が欲しい人、充実した学生生活を送りたい人は、自身の趣味に合うコミュニティに加入するのも1つの手段なのかもしれない。

ちなみに、彼女とはすぐ別れた。

このページのトップヘ