最近、天気が悪い日が続いているのでなかなか布団を洗う機会が無い。
自分は、洗い立ての布団で寝るのが好きなので、週に2回程度洗っている。

とは言っても、本格的に洗っているわけではなく、敷布団と毛布のシーツを洗い、中の本体を天日干しにする程度だ。

そして、その日は夜まで布団を敷かない。
どうせなら寝る時に洗い立ての布団の感触を味わいたいからだ。

夜になり、布団を敷き、シーツをかぶせる。
寝る準備が完了し、半ば倒れこむように布団に着地する。

お日様の香りと柔軟剤の香りが混じったこの独特な香りが大好きで、幸福な気持ちに包まれたまま眠りに落ちるのだ。

その日の寝心地は普段の倍で、睡眠の質も上がっている気がするが、十分な睡眠を取れてもこの気持ちのいい布団に永遠に入っていたいような誘惑が訪れるので、逆に起きにくいというのがネックではある…

さらに、この綺麗な布団があると、仕事や日常生活で何か嫌な事があっても
「コッチには綺麗な布団があるんやぞ!?」と謎の強気な気持ちが生まれ、何故か精神的にも安定するというライフハック。

「ク~リアアサヒが家で冷えてる♪」というCMがあるが、もしかしたらこの感覚に近いのかもしれない。

洗い立ての布団のライフハック、是非皆様にも試していただきたい。