とむとむダイアリー

自分は晴れ男なのだが、最近その晴れ属性がだいぶ弱くなった気がする。
昨日の仕事が終わった後、自分がビルを出るまでは晴れていたのだが、出てからすぐに曇り始めた。その時は特に気にもしなかったが、歩きはじめてから数分後にはポツ…ポツと雨が降り始めた。

とは言っても、雨の勢いも弱く雨粒も小さい。自分はそのまま散歩として2駅ほど歩いた。雨が弱かったからか、駅に着いても服や髪はほとんど濡れていない。

「もう止んだのかな」と思いつつ、満員電車に30分ほど揺られていた。そして、電車を降りる時に気が付いたが、電車の窓には大きい水滴ついていた。おそらく雨が降っていたのだろう。イヤホンをつけていたので、雨が降る音に気がつかなかった

駅を出ると、車のライトが雨を照らしていた。先ほどと違って、そこそこ強い雨のようだ。一応リュックに折り畳み傘が入っているが、晴れ男なのだから歩いている内に雨も止むだろうと思い、自分は傘を差さず家に向けて歩き始めた。

歩き始めて5分ぐらいだろうか、一向に雨は止む気配はなく髪がだいぶ湿っていた。服もインナーまでは濡れていないが、シャツはそこそこ濡れている。

というか、家に近づくにつれて雨足が強くなっている。だが「家が近いから傘はもういいか」という気持ちから自分は傘を差さずにずぶ濡れで家に帰ってきた。

ここまで自分が雨に濡らされることは今までほとんど無かった。なんだか妙な敗北感を感じる。もしかしたら年齢を重ねるごとに晴れ男属性が弱まっているのかもしれない。

今度からは雨が降っていたら素直に傘を使おうと思う。

今時、多くの人がイヤホンを耳につけながら外出している。自分もその一人で、もはやイヤホン無しでは外出できない。自分の中では、財布・スマホ・イヤホンは三種の神器なのだ。

しかし、この前の休日、イヤホンを忘れた状態で外に出てしまった。気づいたのは家から駅までの中間の距離だ。「そろそろ音楽でも聴くか」と首元に手を伸ばしてもいつものイヤホンの感触が無いことに気が付いた。

家族には「仕事に行く」と伝えており、家を出たのが本当に仕事であれば遅刻ギリギリの時間だった。なので、家に戻ったら「ギリギリなのにわざわざイヤホンを取りに来たのか?」と怪しまれる可能性がある。

仕方ないと諦めそのまま駅へ向かった。その日は平日の通勤ラッシュの時間帯だった。耳元に寂しさを覚えながら自分は適当にスマホを弄り始めた。

そして、スマホを弄り始めてから数十分経った頃、あることに気が付いた。車内がごった返しているのに対し、予想以上に車内が静かなのだ。学生のヒソヒソ話は聞こえるが、それ以外の人は眠っていたりスマホを弄ったりしており無言。満員電車なのに静寂が車内を包んでいた。

イヤホンを忘れたことで思わぬ発見をすることができた。おそらく、普段イヤホンをつけて意識していないだけで、普段から朝の満員電車はこの雰囲気なのだろう。意外だった。

そうして自分は目的の駅を降りた後、ダイソーを目指して歩き始めた。理由は簡単、イヤホンを買うためである。コンビニで買おうかとも考えたが、コンビニのイヤホンは高いのでやめにした。

開店まで1時間あるので少し早めに着くが、スマホを弄りながら待てばいいだろう。歩いていると、車の走る音や信号機の音、空を飛ぶヘリの音など、最近あまりちゃんと耳にしてなかった音が入ってきた。なんだか懐かしい感覚である。

たまには”イヤホン”無しで外に出るのもアリかもしれないな~、”いやほん”と。

深夜の読書って、なかなか魅力的な気がする。

自分が本を読むのは基本ミスドやカフェとか外にいる時に読むことが多い。家で読むこともあるのだが、家の中ではあまり集中できないというか、他のことに気を取られて読み進められないのだ。

だが昨日の夜、なんだか無性に本が読みたくなった。時刻は夜11時、明日は休みなので夜更かししても問題無いだろう。風呂から上がり眠気を感じていたので、そのまま寝落ちするか1時間読んだ辺りで読み終わろうと思っていた。

読んだ本は綾辻行人氏の「十角館の殺人」だ。
最近読んでいる本で、内容的には半分ぐらい読み進めた。実のところ、本を読みたくなったというより続きが気になって仕方なかったのだ。

リクライニングチェアに腰を下ろし本を開いた。部屋の灯りを消し、机の灯りだけで本を読むのはなかなか雰囲気がある気がする。

本を読み始めてからしばらく経った頃、喉が渇いたので紅茶とお供になる板チョコを持って部屋に戻った。ふと時計を見ると、時刻は深夜1時を過ぎていた。

あまりにも時間が過ぎるのが早くて驚いたが、この時にはもうすっかり眠気は醒めており、このまま一気に読み終えてしまおうと思った。

そして、ついに本を読み終えた時には深夜3時だった。休日とは言え、明日の昼起きは確実である。だが、自分はゆっくりと本を読み終えた余韻に浸っていた。なんだか普段スマホを弄って夜更かしした時よりも罪悪感が無く妙な充実感がある。

深夜は家族全員寝静まっているから集中して読むのにはピッタリだ。休日前なら深夜に本を読むのも悪くないかもしれない。と思っていると読み終えたからか眠気が一気に襲ってきた。自分はそのまま椅子に座りながら眠りに落ちてしまった。

このページのトップヘ